10-3

肌を傷つけたり埋没毛から毛嚢炎になったりするこわさ!自分でやる脱毛

ちょっと脱毛ということを考えなおしてみました。
何をして何をしてはいけないのか。
男としては、よくわからない世界なのですから、認識から変えていかなければいけないと思ったのです。

カミソリはやっぱり傷をつける怖さがある

今まで試したのは、カミソリで剃ることと、脱毛ワックスで強引に引き抜く方法。
ある意味では、毛抜きで抜くというのも同じことでしょう。
脱毛を考えたのは、カミソリで肌が負けてしまうということがポイントだったわけです。

いろいろと調べ始めてわかりましたが、シェービングフォームを使ったところで、刃物で肌を削っていることは間違いありません。
摩擦を下げて、できるだけ削らないようにしているだけで、やっぱり傷つける可能性は否定できないわけです。
これが結構危険なのは、自分でやっているのでよくわかります。
感染症とかも怖いですから。

埋没毛が引き起こす毛嚢炎

物理的に引き抜く方法は、どうも埋没毛というものを作ることがわかりました。
引っ張りぬくのですから、毛根から抜ければ問題ありません。
でも、そのムダ毛のどこかに弱い部分があり、そこで切れてしまったらどうでしょうか。
見える部分で切れるのなら、次も伸びてきますので問題はないでしょう。
しかし、毛根近くで切れてしまい、肌の中で残ってしまう可能性だってあるのです。
くるくるっと丸まって埋もれてしまうことを、埋没毛といいます。
埋まってしまうことになるため、毛穴の出口もふさぎ、かゆくなることも出てくるのです。
さらに、炎症を起こし、毛嚢炎になることさえあるんだそうですから、怖いものでしょう。

こんなことを知ると、引き抜こうなどとは思えなくなります。
それも胸毛で起きる状況を考えると、震えが出てくるほどですよね。

自分の時間を有効に使うことができる脱毛器で

いろいろと検討した結果、脱毛機を買うことにしました。
脱毛サロンは、最も奥の手に残すとして、まずは自宅でやれることをしてみようと思うのです。
実際にそこまで時間があるわけでもありませんし、仕事だって決まった時間に終わるわけでもありません。
休日出勤だって必要であれば出てくるのが普通ですので、予約も難しかったりするんです。
だから、自分の手でやれることをやってみようかと思います。
脱毛機だって、かなりのものが普及しているので、試してみるだけの価値はあるはずですからね。
問題は、剛毛だということぐらいですから。